《成長の秘訣》吉田兼好さんが言ってました。

徒然草第150段の一説を現代語訳したものです。

これから芸を身に付けようとする人が「下手くそなうちは人に見られたら恥だ。人知れず猛特訓して上達してから芸を披露するのが格好が良い」などと、よく勘違いしがちだ。

こんなことを言う人が芸を身に付けた例は何一つとしてない。

まだ芸がヘッポコなうちから、すごい人たちに交ざってバカにされたり笑いものになっても苦にすることなく、平常心で頑張っていれば才能や素質などいらない。

芸の道を踏み外すこともなく、我流にもならず、時を経て上手いのかも知らないが要領よく訓練をなめている者を超えて達人になるだろう。

人間性も向上し、努力も報われ、無双のマイスターの称号が与えられるにいたるわけだ。

人間国宝でも、最初は下手くそと詰(なじ)られ、ボロクソなまでに屈辱を味わった。しかし、その人が芸の教えを正しく学び、尊重し、自分勝手にならなかったかたこそ、重要無形文化財としてたたえられ、万人の師匠になった。

どんな世界でも同じである。

考えてみれば私の今までの人生も
本当にこの通りでした。

以前の会社でやっと平トリマーとして、
「やっと最近店長のサポートが出来るように成り始めたな~」
と感じ始めたころに、
次のステップであるの店長に任命され、

「やっと店長として慣れてきたな~」
と思い始めたころに
マネージャーに任命されてきました。

当然、任命されても
上手くマネジメントなんてできなかったです。

上司から罵倒され、スタッフから陰口を叩かれ、
それでも必死にやってきた。

常に、その時の自分より大きくてブカブカな器が用意されて、
その器に合うように自分を成長させてきた。

だから、今の自分がある。

もしこの時に「まだ自分には無理だ」と思って辞退していたら、
今の場所にはいなかったと思う。

とにかくやったから今の自分がいる。

本当にそれを今実感しています。

だからもし、あなたも今
「やりたいことがあるけど今の自分にはちょっと、、、」
と思っていることがあるなら、
バカにされても罵られてもいいから一回やってみませんか?

最後に、僕なりの徒然草第150段の現代語訳をお伝えします。

とりあえずやってみよう!!
どうすれば上手く行くかはそれから考えよう!!
YEAH!!

トリマーセルフイメージアップ!!
動画セミナー
⇒ https://wp.me/P9RmwI-k0

追伸:
一緒にセルフイメージUPしていきませんか?

1日1つだけ、自分のことを
褒めてあげて、
自分を褒めることに慣れ、
そして、他者も褒めてあげる☆

そんな環境を作ってみました☆

【Facebookグループ】
トリマーほめほめクラブはこちらからお入りください☆
⇒ http://urx2.nu/NKE